銀行のカードローンは、非常に優秀な商品です。 その優秀な商品の魅力の1つとして挙げられているのが、限度額が高いということ。 限度額というのは、利用者が最大で借りられるお金のことです。 一般的な消費者金融のキャッシングの場合、この限度額が200万円くらいなのが一般的です。 多くても500万円といったところでしょうか。 しかし、銀行のカードローンにおいて500万円の利用限度額というのは、平均レベルです。 メガバンクの中には、1000万円の利用限度額を設定している、そんなカードローンもあるのです。 これだけ限度額が大きいと、万が一の貸し倒れの心配もありますが、その心配はあまりないといっていいでしょう。 銀行側も、1000万円の限度額を設定する利用者に対しては、相当に高いハードルを課しております。 年収だけでなく、資産状況や勤務形態などを厳しく審査するのです。 その審査の結果大丈夫という人にだけ、1000万円という高い利用限度額を付与しているのです。